カジノツーリズム

カジノツーリズムは、フィリピンのホテル建設をあおり、観光産業の利益に流れこむパートナーシップの形をとって、カジノとホテルのタンデムは、資産アナリストの炯眼も逃れていません。実際、中国のマカオやネバダのラスべガスのような先進ゲーム市場が示すように、ゲーム/カジノ収益の成長は、ホテル需要を引き起こしています。過去数年間に、新しい株式の大多数は、パサイ市のエンターテインメントシティ地域に集まり、ゲーム/カジノ市場に向かっているにもかかわらず、四つ星ホテル以上の新しいハイエンド開発は、アスコットBGC、シャングリラおよびグランド・ハイアットの開発のような伝統的市場に供給しています。ビジネスセンター区域(CBD)外の地域では、アヤラ・ランド社(ALI)が、出張旅行者のニーズを満たすようセダ・ブランドを開始しました。不動産ポータルのラムディ・フィリピンによると、ベイシティの主要目標の一つは、中国人ハイローラーからのギャンブル収益を獲得するよう、マカオやシンガポールと競争すること。昨今の中国本土の腐敗取締により影響を受けたカジノは、カジノ以外のアトラクションを提供することで、家族客を誘おうとしています。